保存水

保存水とは

いざという時に備えておきたいのが、保存水です。

普通のミネラルウォーターなどの水と保存水の違いは、その品質保持期限にあります。

普通のミネラルウォーターなどは2年程度の期限が一般的ですが、保存水は5年から長いもので10年、品質を保ち続ける事ができるのです。

メーカーによって、保存水の製造方法や品質についての定義などは異なるので、保存水とはこういうものですと言い切る事はできませんが、できるだけ不純物を取り除き、純水に近づけたものが多いようです。

ミネラルなどが多く含まれていると、どうしても酸化する速度が早くなり、長期にわたって品質を保持する事が難しい為です。

保存水は、いざという時の為だけはなく、日常生活でお使いいただいても、その品質の高さには満足いただけるものが多いのではないかと思います。

不純物を取り除いていますので、水本来のおいしさがありますし、お料理の際にも、素材の味を活かすことができます。ミルクを作る時にも適しています。

また、肌にも優しいので、赤ちゃんの顔を拭いてあげたり、オムツかぶれの予防にも使えます。