海洋深層水

海洋深層水とは

深度200メートル以深の深海に分布する海水を海洋深層水と呼びます。海水には、人が必要とするミネラルがバランスよく含まれているという特性があります。

それは表層水でも深層水でも同じですが、表層水と深層水を比較すると、深層水は人にとって優れた特性が多く、商品化へとつながりました。

海水中の植物プランクトンは、無機栄養塩を吸収し成長しますが、太陽光が届かない深層では、光合成が行われないので、植物プランクトンが少なく、表層海水に比べて無機栄養塩が豊富に存在します。

深層水は、陸水汚染や大気汚染の影響を受けにくく、化学物質や汚染細菌数が少ないです。

また、表層水温が季節によって変動するのに対し、深層水は一年を通して低温で安定していますし、長い年月をかけて成分が形成されているので、水質も安定しています。

もともとミネラルが豊富な海水ですが、深層水の方が不純物が少なく、人体のミネラルバランスと似ているといわれます。

人は体内でミネラルを作ることができないので、食事などから摂取しなければなりません。
不足しても、過剰でも健康を損なうので、バランスが重要と言われていますが、その点で深層水は非常に優れたバランスを持った水です。

各メーカーでは深層水を原料として、塩分を取り除き、硬度調整するなどしています。目的にあわせてお好みの硬度の深層水をお求め下さい。