硬水

硬水とは

簡単に説明させていただくと、水1リットルに、カルシウムとマグネシウムが合計何ミリグラム含まれるかを「硬度」といい、その量が少なければ軟水、多ければ硬水ということになります。

飲用ミネラルウォーターの分類では、およそ100以下を軟水、100から300を中硬水、300以上を硬水と呼ぶようになったようですが、WHOの定める基準ではこれとは異なる基準で軟水・中硬水・硬水を定めています。

硬水は、まったりとして後を引く味であると表現される事があります。

温めて飲むよりも、冷やして飲むのに適しています。 日本は軟水が多いですが、火山灰質の関東、甲信越などには硬水が多いです。

人は体内でミネラルを生成することができないので、食物や飲料から摂取しなければなりませんが、硬水を飲むことで、ミネラルを摂取できます。

カルシウムには食物組織を硬化させる働きを持っているので、カルシウムを多く含む硬水で炊飯すると、米がパサついてしまうため、炊飯には不向きですが、野菜が煮崩れにくくなりますし、パスタをゆでたり、肉の煮込み料理には適しています。