ウォーターサーバー メンテナンス

メンテナンスの方法

定期的なメンテナンスを必要とするウォーターサーバーと、必要ないとするウォーターサーバーがあります。

それらの違いは、機械内部を衛生的に保つ事ができるように設計されているかどうかというところにあるようです。 ただ、メンテナンスが必要としているウォーターサーバーが衛生的では無いという訳ではありません。

飲用に使用する水を衛生的に保つ為に、より安全を考慮してメンテナンスを推奨しているようです。

また、メンテナンス期間も1年とするものや2年とするもの、メンテナンス料の有料無料の違いもあります。 メンテナンスを推奨しているウォーターサーバーをご使用になる場合には、そちらの費用もきちんと確認をして下さい。

メンテナンスの手順

メンテナンスが必要であっても1年に1度程度のことですが、日々のお手入れは必要です。

ボトル交換時にその設置部分を拭き取ります。蛇口部分や受け皿などは毎日洗える部分は洗い、拭き取らなければならない部分は、きちんと拭き取ります。

コーヒーやカップ麺にお湯を注ぐ時に直接入れていると、その飛沫が飛んでいることもあります。

お手入れを怠ると、その部分から雑菌が繁殖してしまうかもしれないので、きちんとお手入れをして下さい。

お手入れが上手にできないという方は、蛇口部分がボトルと一体になっているタイプのウォーターサーバーもあります。

そちらもある程度のお手入れはもちろん必要ですが、ボトル交換の際に蛇口部分が新しくなるので、衛生的に使い続けることができるでしょう。