1日に必要な水の量

健康な大人で、平均的に約1200ミリリットル、最低でも500ミリリットルの尿を排泄しないと老廃物を出し切ることができないと言われています。

尿だけではなく便にも水分は含まれているので、そちらでも100ミリリットルの水を排出しています。 また、人間は皮膚から600ミリリットル、呼気から400ミリリットルの水を蒸気として排出しています。

人は特に運動をしなくても、尿・便・蒸気として1日に2300ミリリットルの水を排出しています。 さらに、体温調節のために汗もかきます。 冬でも常に発汗しています。

そこから、1日に人が補給するべき水は体2~3リットルといわれています。

食事からの水分摂取で約1000ミリリットル、水だけで1000~1500ミリリットル程度が必要といわれています。 モデルさんなど美容や体型維持を心がけている方は水だけで2000ミリリットル以上飲んでいるといいます。

お茶やコーヒーなどはカフェインを含むので、少量がお茶などでも可ですが、基本はお水を飲むほうが良いといわれています。

効果的に水を摂取する

水はまとめて摂ればいいというわけではなく、少しずつ摂らなければいけません。大量の水を急激に摂ると頭痛を起こすこともあります。

例えば、睡眠時間を6時間とすると、起きている時間は18時間です。 1日2リットルを目標とすると、1時間に約110ミリリットルを飲み続けるということです。 この量なら継続して摂れそうに思われるかもしれませんが、意外とみなさん取れていないのです。

お勤めの方の場合、会社にいる時間中に1リットル弱の水を飲み干すということです。どうですか?摂れていますか?現代人は慢性的に水分不足に陥っているといわれています。

眠気や脱力感は水分不足が原因の可能性もあるようです。 いきなり1日2リットルが難しいようなら、会社にいる時間中や決めた時間内に500ミリリットルを飲み干すことを目標に始められてはいかがでしょうか。

ちなみに、スポーツドリンクを、日常的に、水の代わりに飲まれている方はいらっしゃいませんか。

あまり知られていない事かもしれませんが、糖分を非常に多く含む飲料なので、糖尿病や虫歯の原因になる可能性があると世界保健機関が指摘しています。 スポーツドリンクはスポーツ中やスポーツ後に、適時に適量を少しずつ飲むことがお勧めです。