バナジウム水

バナジウム水とは

バナジウム水は、テレビCMでよく耳にするようになり、その名は有名になりましたが、バナジウムって何?どんな効果があるの?と思いながらご覧になっている方も多いかもしれませんね。

バナジウムは、カルシウムやマグネシウムと同じミネラルの一種です。 「バナジウム水」として販売されていないミネラルウォーターにも含まれていることがあります。

インスリンは血糖値を下げる働きを持っているのですが、バナジウムは、インスリンに似た働きをすることがわかってきています。

そのため、バナジウム水が糖尿病治療薬になるのではないかと、近年大変注目をあびている物質です。

また、バナジウムには体内から有害な毒素や老廃物を排出するデトックス効果もあります。

さらに、脂質やコレステロールの代謝促進、中性脂肪値の正常化、高血圧症の改善、動脈硬化の予防なども期待されていて、各方面で研究が進められています。

日本製の特徴

日本で販売されているバナジウム水は、軟水である事が多く、日本人には飲みやすい味となっています。

加熱してもバナジウムが失われる事や、その効果が減退する事がないため、炊飯やお茶を飲むにも適しています。

ちなみに、バナジウム水の名前や採水池に、「富士山」の名称をよく見かけませんか?バナジウムは玄武岩といわれる岩石に多く含まれていて、それが長い時を経て地下水に溶け出しているといわれています。

富士山は7層の玄武岩層からなっているので、とても豊富なバナジウムが含まれているのです。

そのため、バナジウム水は富士山周辺で採水されることが多く、商品名にも「富士山」がつくことが多いのです。