料理 水

料理と水の関係

料理と水には深い関係があります。まず、料理には必ず食材が必要になりますが、その食材自体にも水は大きく関わります。

水がきれいで空気の良い場所に農地は多いです。特に米の名産地の水は、名水として名高いことも多いです。

穀物や野菜はほとんどが水分なので、水がその味に大きく関わるのはおわかりいただけるのではないかと思います。 また、このような水はミネラルが豊富であることが多く、そのミネラルを穀物や野菜が吸収し栄養豊富な食物となるのです。

そして畜産についても同じ事がいえます。良い水で育ったえさを食べ、育てられたものは味も豊かです。

このようにして育てられた農作物などの味を最大限に活かす為には、料理の際に使う水もこだわりたいものです。

特に米を炊く時には、水の味がてきめんに表れます。

当たり前ですが、調味料を何も加えないので、米と水の味しかしないのです。 米文化が根付いた理由の一つには、水がおいしかったという事の影響が大きいのではないかと思います。

米の味やもちもち感などは銘柄によって様々ですが、艶やかでふっくらとした炊き上がりの米は、香りもよく食欲をそそります。米をふっくらと炊き上げるには軟水が適しています。

硬水でお米を炊くとパサついた感じがするので、日本の米には合わないようです。和風だしをとる際も、硬水ではおいしくできないので軟水を使ってください。

また、野菜を柔らかく煮たいときには、軟水を使うとうまくできます。硬水で煮ると煮崩れしにくくなります。

料理によって適した水も変わる

ヨーロッパや中国は硬水が多いので、硬水に適した料理や水を使用せずにワインや酒などを使用する料理法が多いです。

肉の煮込みなどは、カルシウムの豊富は硬水がお勧めです。アクが溶け出しやすく、臭みが減りますし、柔らかく煮る事ができます。

また、パスタ料理などは硬水が適しています。 リゾットやパエリヤを作る時は、日本の米は適さないといわれていますが、硬水で作ると多少現地の味に近づきます。

チャーハンを作る時も多少パサついた感じの米が合うようなので、硬水で炊いた米を使用されるとおいしくできます。

このように、料理に使用する水の適・不適は、多くの場合、軟水であるか、硬水であるのかの違いによることが多いようです。