酸素水

酸素水とは

酸素水は、酸素濃度を高めた水のことで、通常の水よりも多くの酸素を体内に取り入れることができると言われています。

酸素水が注目されるようになったのは、生活習慣病がメディアなどで多く扱われるようになった頃と前後するかもしれません。

「酸素水と生活習慣病って関係あるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。まずは、酸素の働きと、酸素欠乏(以下、酸欠)についてお話したいと思います。

食物が消化吸収され体内でエネルギーとして燃焼するとき、酸素が必要です。
現代の高カロリー高脂肪の食事は酸素を大量に消費してしまう為、体は酸欠に陥ります。

体と酸素の関係

運動不足も酸欠の原因です。

一見、運動すると酸素をたくさん使ってしまうので、運動をするほうが酸欠になりやすいと思われる間もしれませんが、適度な運動を継続する事で心臓が活発に働き、心筋が丈夫になります。

すると体内に酸素を取り入れる能力が高まるのです。 言い換えると、運動不足は心筋を衰えさせ、酸素を取り入れる能力を低下させてしまうのです。

その他、喫煙・飲酒・ストレスも酸欠の原因になります。

酸欠状態の血液は、細胞の働きを鈍らせてしまうので、生活習慣病へとつながっていくのです。 酸素を多く体内に取り入れることができれば生活習慣病を予防できるということです。

酸素水を日常生活に上手に取り込むことによって、生活習慣予防の他にも、疲労物質(乳酸)の分解や、脳細胞の働きを活発にするなどの働きがあるので、スポーツや勉強・仕事にも効果があると言われています。

酸素水が注目されるようになってから、日も浅く、現時点では酸素水については研究半ばというところですが、注目度の高い水です。