水道水 有害物質

水道水に含まれる有害物質

水道水には、農薬や鉛、トリハロメタン、アスベスト、ホルムアルデヒドなどが含まれているといわれています。

これらの特性は下記の通りです。
これらの有害物質を体内に入れない為には、非常に高性能な浄水器を設置するか、水道水を飲まないという選択肢しかないように思います。

《農薬》
水道水に基準値以上の農薬が含まれている場合は、その水道水は供給できないとされています。しかし、その基準が他の国に比べて低いという現状です。
アメリカでは農薬類だけで29種類規定されていますが、日本では15種類しか規定がなく、かつ同じ物質に対する基準でも、アメリカで許される基準の3倍の量を認めています。
人体への影響:手足のしびれ、神経麻痺、突然変異原性、発ガン性

《鉛》
水道水に鉛が含まれている原因は水道管が鉛管であることが原因です。1987年にその使用が禁止されましたが、国などが管理する水道管の内約20%が未だに鉛管であるといわれていますし、個人の敷地内にある水道管を含めると相当な量になるといわれていますが、費用が自己負担であることや鉛管の影響があまり知られていない為、その取替えが遅々として進まないのが現状です。
人体への影響:知能低下、神経障害、消化管障害、疲労感、不眠、頭痛、関節痛、便秘、脳炎、痴呆、腎臓障害

《トリハロメタン》
塩素と、水道水に残留している有機物が結合するとトリハロメタンという物質になります。
水道局の調査によると、水道水中に溶けているトリハロメタンは平均で0.028mg/Lとなっていました。日本の水質基準0.1mg/L以下は、十分にクリアしていますが、ドイツでは0.025mg/L以下という基準になっているので、日本の水道水はドイツでは飲料水としては供給できません。
人体への影響:発ガン性、腎毒性、腎臓腺腫、肝毒性、肝細胞ガン

《アスベスト》
水道管の強度を上げるために使用されていたアスベストセメント管ですが、アスベストの持つ発ガン性が知られるようになり、1998年に全面使用禁止・製造中止となっています。
しかし、国内の全水道管の内20%が未だにカーアスベストセメント管という状況です。全ての撤去工事が終了するまでには年月を要するようです。
人体への影響:食道ガン・胃ガン・腸ガン・肺ガン・腹膜ガン

《ホルムアルデヒド》
水道水をオゾン処理する過程で生じる副生成物です。塩素浄水システムに比べ、オゾン浄水システムは高度な技術ですが、オゾン自体に呼吸器系毒性や発ガン性を持っている事も確認されています。
人体への影響:非常に高い発ガン性、変異原性、催奇形性、神経毒性