水素水

水素水とは

水素水には天然のものと、人工的に処理を加えて生成されたものがあります。

水素水について調べようとすると、「水素水」「活性水素水」「還元水」などという名前が目に付きます。

水素水と活性水素水を区別しなければいけないというものもあれば、同じものと説明していたりと様々です。

こちらでは、「水素」「活性水素」「還元」という名称の由来をお話した上で、区別すべきものなのか、同じと判断するのかはみなさんにお任せしたいと思います。 製造方法も様々ですが、難しいお話は割愛させていただいて、その名称の意味などから、ご判断いただければと思います。

一般に「水素」と言われるのは、水素の単体である水素分子(H2)であることが多いです。

水素(H2)を豊富に含んだ水が体内に入ると、水素(H2)は水素原子(H)に分解されます。

この分解された水素原子(H)は体内の活性酸素(O2)と結びつき、水となることによって、活性酸素を体外に排出します。

ちなみに、「活性酸素」とは?メディアなどでは活性酸素が如何に体に悪影響を与えるものであるかを紹介されることも多く、たくさんの方がご存知でしょう。

活性酸素は、生命を維持する為には必要なものなのですが、過剰となった活性酸素は、免疫機能を低下させたり、老化を促進させる他、様々な病気や不調の原因となりうる物質です。

「還元」とは「ある物質から酸素を奪う、あるいは水素を与えること」です。

つまり水素水や活性水素水は、「活性酸素を還元させる水」という意味で還元水とも呼ばれているようです。

また、アルカリイオン水の中でも還元力が強いものは水素水や活性水素水と呼ばれる事もあります。

「活性」とは、「機能が高く、反応が活発であること。 物質の原子・分子が高エネルギー状態で、化学反応などが起こりやすいこと。」という意味です。

水素原子(H)はその還元力の高さから、活性水素と呼ばれています。

水素分子を溶解させた水を「水素水」、水素原子(活性水素)を溶解させた水を「活性水素水」と分類することもあるようです。

体内で分解させるのか、もとから分解された水素を飲むのかという違いでしょうか。

水素維持がされている

水素は紫外線や空気に弱く、水素水の中の水素を維持するのは難しいといわれています。

ペットボトルで水素水や活性水素水を販売する各メーカーは、水素維持の技術研究に力を入れていると聞きます。

水素水や活性水素水の働きには、活性酸素を排出する働きの他、脂質代謝異常の改善や耐糖能異常の予防に有益であると考える研究者もいます。

現在も様々な研究が続けられており、たくさんの効果も発見されていくでしょう。