水道水

水道水は体に悪い?

水道水は体に悪い?

A,水質基準はクリアしていても、微量であっても有害物質は含まれています。少なくても体に良いとは思えません。

嫌な味やにおいのするものを人は飲みたいと思いませんよね。 それは味覚や嗅覚が体を守る為にこの味やにおいは危険だとシグナルを送るからです。

つまり、水道水の味やにおいを嫌だと感じてしまうなら、体に悪いということです。

そして水道水の嫌な味やにおいの原因は、塩素やカビが原因している事が多いです。

最近はオゾン処理を行う浄水システムが取り入れられていることが多くなり、カビ臭などは感じられにくくなっているようですが、塩素は衛生上必要なものだけに無くなることは無いように思います。

でも水道水に含まれる有害物質には無味無臭のものがたくさんあります。

それを知らず知らずの内に体内に入れてしまっているのです。

浄水システムにも限界はある

浄水システムは高度になりましたが、それでも取りきれない有害物質はたくさんあります。

例えばクリプトスポリジウムという原虫。

原虫は殻に覆われているのですが、その殻は非常に固く丈夫なため、塩素でも除去できず、とても小さいので現在の浄水システムでは除去しきれない事もあります。

クリプトスポリジウムが体内に入る殻から出て、内臓に寄生します。激しい下痢や嘔吐の症状を呈し、体力のない老人や乳幼児などでは死亡することもあります。

クリプトスポリジウムが検出された場合、高度な処理システムを導入するか、取水地を変えることが定められているのですが、それは感染が発覚してから行われる処置です。

他にも農薬や鉛、重金属などの有害物質が微量とはいえ水道水に含まれているというのが現状です。
少なくとも水道水は「体にいいですよ」とお勧めできる水では無いと思います。